宮古島の天野バイオリン教室の感想を皆さんに聞いてみました!
沖縄宮古島アマノバイオリンスクールの子どもたち1
まだはじめたばかりだけど、3曲目がならえてとてもうれしいし、たのしい。
<るかくん(5才)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
幼稚園年中からバイオリンを習い始めて1年半になります。レッスンのたびにドキドキハラハラさせる娘を見ながら、バイオリンを通して天野先生との信頼関係も少しづつ築けてきたように思います。今後の成長が楽しみです。
<ひなちゃん(5才)のお母さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
圭輔のバイオリンを聴くうちに、あまり聴く機会のなかったクラッシック音楽の知識が広がりたいへん良かったと思っています。天野先生には大変感謝しております。ありがとうございます。
<けいすけくん(小2)のお父さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
バイオリンのこと以外にも、子どもの教育のことなどをお話し下さることもあり、とても参考になります。また、教室でお友達も増え、楽しく通っています。これからもよろしくお願いします。
<けいすけくんの(小2)お母さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
宮古島アマノバイオリンスクールの子供達2
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
ピンクのドレスが好きだから、独奏の時に着ました。
客席がお客さんでいっぱいだったから、舞台に出て行ったときに、ちょー緊張しました。でも、頑張って弾こうと思いました。
ホールの響きがきれいだった。
弾き終わった時に、拍手を沢山もらってうれしかったです。
<もとちゃん(小2)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
次のコンサートまでたくさんどりょくして、いろいろな曲をひきたいです。
<ゆいなちゃん(小3)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
バイオリンは楽しい。
友達とみんなで弾けるから。ソロでも自分が好きな曲を弾くことができるから。
これから、自分が弾いてみたいいろんな曲に挑戦してがんばる!
天野先生は、教え方が丁寧だからわかりやすいと思います。
今までよりも、もっと楽しんでバイオリンを弾きたいです。
<たかくん(小4)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
宮古島、那覇、東京と演奏旅行が出来た事や、演奏以外でも、先生と海に行って楽しく遊んだりして思い出が沢山出来た事と、子どもたちの心が落ち着いていて毎年確実に上手になっている事を嬉しく思います!天野先生に感謝してます。
<たかくん(小4)もとちゃん(小2)のお母様>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
東京のコンサートはお客さんがたくさんきていました。その人たちの前で弾くと思うとドキドキしたけど、皆と音を合わすことができて、気持ち良く弾けました。最後に、たくさんの人からおおきな拍手をもらって、東京に来てよかったなあと思いました。
<みさきちゃん(小3)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
ウイルス性胃腸炎になってしまい、コンサート前日のリハーサルには出られなかった。
コンサート当日も、舞台袖ではおなかが痛かったけれど、舞台に出て行ったら、お客さんが海歩の演奏を聴こうとしている真剣な顔と温かい笑顔を見たら、痛みがすーと消えていった。お客さんからも沢山の拍手をもらえたから、とてもうれしかった。
早いフレーズが一番好きなところでとてもうまく弾けたからほっとしたし、きらいな和音のところもホール全体に響いていたから、東京の本番は大成功だったなと思った。
小さいころは、お姉ちゃんみたいなかっこいい曲とか、響きのいい音を出したいなあと思っていたけれど、5年間バイオリンを弾いてきて、自分の願いがかなったから、とてもうれしかった。
これからは、もっと練習して、今回よりももっと素晴らしい演奏をできるようになりたい。
天野先生は海歩たちのことをよく知っているから、わかりやすく教えてくれるんだなあと思った。
<かほちゃん(小3)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
娘がバイオリンを習い始めて5年が経ちました。始める前はバイオリンどころか、クラシックの「ク」の字も知らない家族でしたが、天野先生の丁寧なご指導と音楽についての色々なお話で、娘だけでなく親もバイオリンの世界へ引き込まれています。
通い始めの頃から、バイオリンスクールというより運動教室?と思えるような娘のレッスン態度には、はらはらどきどきさせられました。そんな娘を天野先生は丸ごと受け止め、子供のとの対話の中で一人一人に合ったレッスンをして下さるお蔭で、楽しんでバイオリンを続けることができました。また、バイオリンを通して、色々なことも教えて頂きました。
今、練習を積み重ねて上達していく娘の音楽に、両親共にはまっています。バイオリンがずいぶん奥の深い楽器でそれを肌で感じて真剣に弾いている娘の姿に感動しています。
天野バイオリンスクールに通い、天野先生に出会えたことに感謝しています。これからもバイオリンを通じていろいろと成長してくれることを願っています。
息子(2才)も最近自分から「天野先生のところへ行く」と言って通い始めました。今は先生の膝の上がお気に入りです。
<かほちゃん(小3)かいとくん(2才)のお父さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
宮古島アマノバイオリンスクールの子供達3
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
バイオリンが大好きなのでずっと続けます。だけど、スポーツも勉強も頑張ります。
<あやちゃん(小4)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
子どもは、自宅での練習も嫌がらず、自分が納得いくまで一生懸命です。そんな姿を見ているといとおしく思います。
「他の何をやめてもバイオリンだけはやめない。」と言っているので、親としては、応援するのみです。
バイオリンを習ってから、人間として大きく成長していると思います。同じく親としても成長しています。バイオリンを通して、音楽の楽しさ・社会性・お金の大切さ・我慢強さ・練習は裏切らない・家族や身近な人の協力に感謝する心・等、あらゆることを学んでいる娘です。
<あやちゃん(小4)のお母さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
バイオリンを始めて、音楽の貯金が増えるのがうれしい。
<はるきくん(小4)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
東京コンサートを終えた時の達成感は天野先生の許でバイオリンを習ったからこそ味わえた経験でした。貴重な経験をさせていただいて感謝しています。
<はるきくん(小4)のお母さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
先生の曲の表現は、おもしろいし、それで音を表す事がわかりやすくて楽しかったです。
合奏の楽しさもわかってきたし、もっともっとむつかしい曲にチャレンジしてみたい。
<みさきちゃん(小5)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
「正面からきちんと厳しく且つ愛情たっぷりに接してくれる大人(師匠)」に巡り合うことは難しい事だと思います。今、こどもたちは、そんな先生に出会うことができ、バイオリンももの凄いスピードで上達しています。先生との「心の関係」にも、とても満足しているようです。
<みさきちゃん(小5)・るかくん(5才)のお母さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
ぼくがバイオリンを続けてきた理由は、むずかしい曲がうまくえんそうできたときの達成感です。
ぼくはやっぱりバイオリンがすきだからです。
<だいちゃん(小5)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
天野先生のレッスンで「大ちゃんすご〜い」の魔法の言葉が大貴のやる気を出してくれました。
技術面はまだまだですが、練習をつみ重ね曲を完成させる姿勢には頼もしく感じています。
沖縄・東京とみんなと一緒にコンサートに参加し素晴らしい貴重な体験をさせて頂き大変感謝しています。これからも大貴の御指導よろしくお願いし致します。
<だいちゃん(小5)のお母さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
バイオリンを一生けんめい頑張って、せんぱいたちのようになりたいです。 
<りゅうちゃん(小5)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
宮古島アマノバイオリンスクールの子どもたち4
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
息子のペースを大事に考えて下さる先生のレッスンの中で息子のバイオリンは確実に成長してくれています。私はいつも息子のバイオリンに心から感動し、酔いしれていますし、彼の奏でる音色を全身全霊で聞いています。
誠先生、智美先生が子供たちに伝えたいものがバイオリンの演奏技術だけではないことはもうみんなが知っています。
"生きていく力""音楽を愛する心""信頼する力"を育んで下さっていることに感謝しています。お二人が今までもそうなさってきたことは、この島までお二人を訪ねて来られ、島の子どもたちのコンサートに惜しみないご協力を下さる東京での教え子の皆様が伝えて下さっています。本当に素敵な師弟関係です。
私たち夫婦は音楽に関して全く何の知識も持ち合わせていませんし、音楽大学を目指して、など高いビジョンは持ち合わせていませんが、本来なら中央や前線で活躍されていたであろうお二人のプロフェッショナルな指導がこの島にいて受けられることや、バイオリンを通じて「生きる力」、他者とより良く関わる力を育んで下さっていることをとても贅沢で恵まれた事だといつも思っています。
息子もバイオリンを通じて、これからどんどん自分を肯定してくれると、きっと人生のプラスαになると信じています。
誠先生、智美先生、ありきたりですが「いつもありがとうございます」
いつか私のサポートを離れ、誠先生と男同士で、バイオリンを、クラシックを、人生を?語っていったらいいなぁと思っています。
いつまでもこの島で、ご指導をよろしくお願いいたします。
今年始めの先生のメッセージ、「りゅうちゃん、そろそろ心が燃える曲に出会えるといいね」本当に!私もそう願っています。
<りゅうちゃん(小5)のお母さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
先生が、「上手だね。毎日練習すると、もっと上手に弾けるよ。毎日練習する人〜!」と言ったので、「ハイ!」とは答えながらも、頭の中では、「何よぉ〜。簡単だと思って〜。キィ〜!」と、思っていました。でも、練習しているうちに、だんだん、楽しくなっていました。頑張って続けてきてよかったな〜と思いました。
<もにちゃん(小5)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
萌夏にとって、バイオリンの位置はとても大切なもの。バイオリンを弾き始めてから変わってきた生活。成長がとても感じられたのもバイオリンです。ゆっくりな萌夏の成長を尊重し、あたたかく見守り続け、指導してくださる天野先生に本当に感謝しています。これからもよろしくお願いします。
<もにちゃん(小5)のお母さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
レッスンの時に「上手だね!」と言われる回数が多くなっているので、家での練習が楽しくなりました。練習していけば、いつかお姉ちゃんたちみたいになれると思うのでがんばります。
<まやちゃん(小6)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
弾くことを楽しんでいるようです。楽しく続けていってくれたらと思っています。
<まやちゃん(小6)のお母さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
東京のコンサートで、最後の曲を弾き終わった後、すごい達成感がありました。
<みづきちゃん(小6)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
やっぱ、合奏が一番楽しいです。みんなでまとまった演奏ができて、練習の成果がギュッとつまって「完成!」って感じだから。
<しいな(中2)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
宮古島アマノバイオリンスクールの子供達5
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
どんどん上達している娘を見てうれしく思います。これからも楽しいレッスンを続けていってほしいです。
<しいな(中2)のお母さま>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
わたしは毎年夏にやるコンサートが楽しみです。音楽にどっぷりつかれるからです。今年も楽しみにしていました。みんなと合わせの練習を重ねていくうちに、「自分がもっと練習すれば、この曲の完成度はあがる!」という気持ちでモチベーションが高まっていって、自然と練習に身が入るようになりました。そうしてみんなでつくりあげたチャイコフスキーのセレナードは、弾きながらすごくわくわくできるようになりました。東京の会場では音の響きがとても良くて、演奏していて感動しました。みんなでつくりあげているという感じがすごくして、音楽の楽しさがわかりました。
あと、今年はビオラにも挑戦しました今年始めることができてうれしかったです。今まで自分から新しい事に挑戦することはあんまりなかったし、みんなと違うことをやって、始めたっていうだけでも成長できた気がします。
やっぱり、ここまでバイオリンを続けられたのはお父さんとお母さんのおかげです。東京での演奏は、親に一番聴かせたかったです。
わたしは小4の時天野先生と出逢うまで、バイオリンをやめる気満々でした。そんなことを思っていた私ですが、今ではバイオリンは生きがいになって、バイオリンを通してたくさんのことを学びました。良い仲間ができたし、良い仲間をつくるには、自分が良い仲間になる事が大事だという事にも気がつきました。小さいころからつづけていることは私の自信にもなっています。今ではバイオリンを無理やりにでもつづけさせてくれた親にとても感謝しています。そして天野先生に出逢えて本当によかったです。
将来バイオリンが仕事になるようなことは考えていないけれど、地域のオーケストラに入ったり、たまに家族でひいたり、宮古でジュニアオケのお手伝いをしたりしたいです。
<もえ(高2)>
沖縄宮古島のアマノバイオリンスクール
バイオリンって素晴らしい!
弦楽合奏の練習をやっているうちに、みんなの心がだんだん一つになっていくのを感じたし、本気で臨んでいるなあというのが伝わってきました。遠慮せずに、本気で演奏できる仲間と出逢えました。本当に、私にとってすごく価値のある成長ができたと思います。
天野先生のそばについて、音大卒ぐらいの実力がつけられるように、頑張り極めていこうと思います。
<あやね(高2)>